婚活アプリや結婚相談所のプロフィールで異性に好かれる趣味・嫌われる趣味とは

東京 結婚相談所なら

こんにちは。オンライン専門で結婚アドバイザーをやっている、婚活スペシャリストのサウザーです。

業界に気兼ねなく本音を言いたいので、ブログでは匿名で情報発信してます。

婚活アプリはもちろん、最近は結婚相談所の会員検索もWEB上で簡単に行えるようになりました。そして、何にも増して重要になってきたのがプロフィールです。

当たり前ですが、いくら美人で性格が良くても、プロフィールが下手だとお見合いすらしてくれないかもしれません。

そうです、プロフィールが下手だとあうことすらできないのです。

前回上手なプロフィールに関する記事を執筆しましたが、今回は趣味について深掘りしたいと思います。

男性からのアプローチが増える!結婚相談所や婚活アプリでプロフィールを書くコツとは

嫌われる趣味とは

冒頭でもお話した通り、プロフィール欄の趣味は自分の人となりをアピールするだけでなく、実際にお会いした際の会話の種にもなります。

  • 誘いやすい趣味
  • 彼と二人でもできる趣味
  • 会話が盛り上がる趣味

この三点を意識して、プロフィールに趣味を書くことが重要なんです。

しかし、私の相談者の方にも多いのですが、まぁ異性を意識してない…(笑)

いったい、誰に向けてプロフィール書いているんですか?

男性ですよね?

将来の旦那さん候補ですよね?

別にウソつけとは言いませんが、かと言ってストレートに伝えてはダメな趣味もあります。

次項からNG趣味からご紹介していきます。

ガチな趣味

「マラソンでSUB3を目指し、毎日2時間トレーニングしてます!」

「TOEIC800点以上を目指し、毎日3時間勉強してます。」

本人からすると、頑張り屋さんな自分をアピールしているつもりでしょうか、プロフィールを見た男性は引いてますよ…

そもそも、こんな女性とお付き合いしても会う時間が取れなさそうですし、話しかけづらい印象を与えてしまいます。

ちょっと表現を工夫するだけで、相手の印象は大きく変わりますよ。

「趣味は、朝公園でランニングすることです」

「休みの日や空いた時間は、英語の本を読んで勉強しています」

もちろん、ガチな趣味があっても良いのですが、もう少し柔らかく伝えるようにしましょう。

お金がかかりそうな趣味

「暇があったら海外旅行してます!」

「毎週エステに通って、自分磨き頑張ってます!」

真剣に結婚を考えている男性ほど、お金がかかりそうな女性は敬遠します。それこそ、結婚してから趣味にお金を使われたらたまりませんから。

逆の立場だったら、趣味にお金を注ぎ込む男性なんて嫌ですよね。

こういった趣味をプロフィールに載せるくらいなら、最初から書かないことをおすすめします。

男性が興味のない趣味

「3年前からヨガを始めました!」

「最近はパッチワークやキルトなど刺繍にハマっています!」

こういった趣味は悪くないんです!ただ、ほとんどの男性は興味がない…

冒頭でもお話した通り、実際に男性と会った時に趣味は会話の種にもなります。

「休みの日はどんなことされているのですか?」

「刺繍が大好きなんです!」

「… … …」

よほど会話慣れした男性じゃないと、刺繍から話はつながりません。

もう少し、男性を意識した趣味を書くように心がけましょう。

ピンポイント・マニアックな趣味

「東北楽天イーグルスが大好きです!」

「スノボにハマっています!」

ピンポイント・マニアックな趣味も悪くはないですし、好きな男性とは意気投合するかもしれません。しかし、まったく興味がない男性にとっては、取っ付きづらい女性に感じてしまいます。

仮に、楽天イーグルスが大好きでも、対面で聞かれたら答えるくらいでいいです。あくまでも、プロフィール上は「スポーツ観戦が好き」など、広く浅くを心がけてください。

アイドルの追っかけ趣味

もう、説明するまでもないですよね(笑)

「BTSのジミンが大好き♥」なんて言われて、良い気分がする男性なんていません。

リア充趣味

「友達と大好きなスイーツを食べている時が、最高にしあわせです!」

「親友と旅行している時が、一番楽しい瞬間です!」

好きなのは分かるんですが、あまりリア充すぎる趣味はよくありません。なぜなら、男性側のハードルが上がってしまうからです。

こういったプロフィールを書くと、「この子と付き合ってもこれ以上楽しませる自信がない…」なんて思わせてしまいます。

「好きな人と行けたらもっと楽しいのかな?」など、ちょっと満たされない自分を演出するようにしてください。

意識高い系の趣味

「ワインが好きで、ワイン検定の資格を目指しています!」

「茶道、華道を習っています!」

ご自身がどう思っているかはともかく、意識が高そうな趣味はお高く止まった印象を与えてしまいます。

婚活アプリ・結婚相談所で圧倒的にモテるのは、教養を持った方ではなく誘いやすい女性なんですよ。

また、前項でも散々言ってますが、「茶道やっています」と言われても会話が続かないんです…なんせ、興味を持った男性なんてほとんどいませんから。

自己啓発・オカルト系の趣味

「パワースポット巡りが好きです!」

「手相や占いにはまっています!」

はっきり言って、心霊やオカルトのたぐいが好きな男性はほとんどいません。むしろ、「こういうの信じるタイプなんだ…」なんて引かれるのがオチです。

男性は、自分自身で人生を切り開いていくタイプが多いので、心霊、オカルト、自己啓発系の趣味を記載するのは控えましょう。

異性が絡む趣味

「バーベキューでみんなでワイワイお酒飲むのが好きです!」

「週末は友人とバー・クラブに行きます」

バーベキューってまず女性同士ではやらないですし、バー・クラブってナンパされるじゃないですか。

ですので、実態はどうあれ男性が絡みそうな趣味をプロフィールに書くのはおすすめしません。

これから真面目に結婚相手を探そうって人が、わざわざ男性の影がちらつく女性を選ぶとは思えません。

好かれる趣味

「なぜ、そこまでして男性の志向に寄せなきゃいけないの?」

ここまでお話してきて、ついてこれない方も多いと思います(笑)

でもね、いったん賛否は置いといて、婚活アプリでも結婚相談所でも、会えないと先に進まないんですよ。

せっかく男性が興味を持ってくれているのに「え、この人海外旅行好きなの…お金かかりそうだし辞めとこう」なんてことになったらもったいないじゃないですか。

カミングアウトするなら、もう少し仲良くなってからでも遅くないと思うんです。ですので、せめてオブラートには包みましょうというのが私からのアドバイス。

というわけで、次項からは男性ウケする趣味についてお話したいと思います。

家庭的な趣味

「趣味はお菓子作りです」

「料理はもちろん、調味料集めも好きです」

定番中の定番ですが(笑)当然、男性も結婚相手を探しているので、同棲後の生活を想像できる趣味は好感度が高いですね。

二人で共有できる趣味

「カフェ巡りが趣味です」

「スポーツ観戦なんか好きです」

二人で共有できる趣味は誘いやすいので、男性側としてもアプローチしたくなりますね。

プロフィールに記載するときは、男性とも楽しめる趣味がおすすめです。

お金がかからない趣味

「週末は公園をのんびり散歩したりしてます」

「家でまったりDVDを見るのも好きです」

嫌われる趣味の項でも紹介しましたが、お金のかかりそうな女性は敬遠されます。

逆に、お金のかからない趣味なら、男性としても気軽にお誘いできますね。

万人受けする趣味

「時間があるときは映画館でストレス発散!」

「動物園、水族館でのんびりも好きだなぁ」

映画や動物園、水族館が嫌いな男性はほとんどいないと思います。

ピンポイントな趣味より、お誘いするハードルは低いですね。

男性受けする趣味

「釣りに興味があります」

「車やバイクが好きです」

若干あざといとは思いますが(笑)男性の趣味に寄せるのはアリだと思いますよ。

男性向けの趣味の方が、圧倒的に誘いたくなります。

まとめ

誤解の無いように言っておきますが、決して個々の趣味を否定しているわけではありません。しかし、婚活を考えてとき、必ずしも適切ではない趣味もあるので注意が必要です。

プロフィールって相手の顔が見えないので、文面そのまま受け取られてしまう可能性が高いんですよ。

それでも「隠すのが嫌だ」というなら、せめてお見合いやデートで告白しましょう。対面でお話したほうが、相手が受け取る印象が良くなります。

現在、婚活アプリや結婚相談所を利用している方は、今一度ご自身のプロフィールを確認してみてはいかがでしょうか。

満足度




結婚相談所の口コミや評判って信用できますか?
結局、個人の感情が入っていると、正しい評価はできませんよね。
というわけで、婚活スペシャリストの私が会員の年収・学歴・年齢層など客観的数値のみで、おすすめの結婚相談所をランキングしてみました。
結婚相談所選びでお悩みの方は、ぜひご一読ください!




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

サウザー

オンライン専門で活動する、婚活アドバイザー。自身の心理学の知識や婚活経験をもとに、主に結婚で悩む女性向けに情報を発信しています。 大手保険会社の会員向け冊子、不動産会社のブログで執筆経験あり。(プロフィール欄参照) 相談に関しては、お問い合わせフォームより承っております。(無料)どんな小さな悩みでも構いませんので、お気軽に相談ください。