実際はかなり盛ってる!?結婚相談所の成婚率を安易に信じてはいけない理由とは

東京 結婚相談所なら

こんにちは。オンライン専門で結婚アドバイザーをやっている、婚活スペシャリストのサウザーです。

業界に気兼ねなく本音を言いたいので、ブログでは匿名で情報発信してます。

みなさん、結婚相談所を選ぶときは何を基準にしていますか?

「成婚率を基準にしています!」なんて方、かなりいらっしゃると思います。

たしかに、その結婚相談所でいったいどのくらいの会員が結婚しているのか気になりますよね。当然、10%の成婚率より20%のほうが良いわけで…

しかし、安易に成婚率を信じると婚活に失敗するかもしれませんよ。

というわけで、今回は安易に成婚率を信じてはいけない理由についてお話したいと思います。

成婚率を安易に信じてはいけない理由とは

そもそも、成婚率とは何のことでしょうか?

なんとなくお分かりいただけると思いますが、その結婚相談所の会員の中でどのくらいの男女が結婚に至ったかを示す確率です。100人の会員のうち20人の結婚が決まれば、成婚率は20%となります。

では、何が問題かと言うと、何をもって成婚とするかが曖昧(あいまい)なんです。

利用者は当然のように、「成婚者数」÷「総会員数」が成婚率だと思ってますよね。実際、結婚相談所を管理する立場にある経済産業省もこの計算方法を採用してます。

では、なにが問題かというと、計算の土台となるべき「成婚」の定義が曖昧なんです。そもそも、「結婚者数」ではなく、「成婚者数」と呼んでいるところが変だと思いませんか?

実は、結婚相談所では「成婚退会」と言っていますが、会員は結婚式まで在籍しているわけではなく、婚約が決まった時点で退会となります。

だから、婚約を結婚したとみなして、「結婚が成る」=「成婚」と定義しています。

もちろん、実際には婚約破棄などの事例もあるわけで、必ずしも「成婚者数」=「結婚者数」であるとは限りません。

なにをもって成婚とするか定義がない

「成婚者数」は「暫定成婚者数」と呼ばれ、結婚したであろうと思われる数で計算しています。この「暫定成婚者数」のあいまいな定義が、誇張された成婚率の源となっているのです。

それでも、婚約した会員を1としている結婚相談所はまだ良い方で、中には真剣交際が決まった時点で成婚と定義するようなところもあります。

要は「結婚する前提で交際しているのだから、これも成婚でしょ」という理論…当然ながら、交際を基準にしたら成婚率は上がりますが、利用者側としては誇大広告だと思いますよね。

しかし、罰則規定がないので、結婚相談所によって様々な基準の成婚率が氾濫しているわけです。

成婚率の算出方法は注釈で確認

正しく成婚率を算出している結婚相談所は必ず注釈があります。

たとえば、成婚率20%と書いている下に、注釈で「全会員数の中から、成婚退会者数をもとに算出しています」なんて書いてあります。

下記はパートナーエージェントの成婚率ですが、しっかり注釈で数字の根拠が示されています。逆に、書いてない結婚相談所は誇張している可能性が高いです。

【婚活取材】無料相談を受けたらパートナーエージェントの成婚率の高さの秘密が分かった件

出典:パートナーエージェントより

IBJの算出する成婚率は?

では、実際に成婚率を確認してみましょう。

たとえば、業界最王手IBJメンバーズの成婚率はどうなっているのでしょうか?

出典:IBJメンバーズより

驚異の51.7%!しかも、注釈にしっかり「成婚退会者の割合を成婚率としている」と書かれています。

でもね、よ~く見てください。「半年間での主要コース実績」「一定期間内における全退会者のうち」との注釈もあります。いったいどういうことなんでしょうか?

実はこれ、半年間に退会した会員のうち、成婚できた会員の割合なんです。

私たちユーザーからすればパートナーエージェントのように、全会員数から成婚できた会員数をもとに算出していると思いますよね。

しかし、IBJメンバーズの場合、退会者数を分母として計算しています。

■本来の計算方法

会員数1,000人÷成婚退会者数200人=20%の成婚率

■IBJメンバーズの計算方法

退会者数400人÷成婚退会者数200人=50%の成婚率

ちなみに退会者数というのは、「成婚退会」のほか「出会えなかったので退会」「他の場所で出会って退会」など、様々な理由で退会した会員のことです。

IBJメンバーズ自体は至極真っ当な大手結婚相談所ですが、この成婚率の算出方法はちょっと誤解を生みますよね…

会員数を分母とすると、実際は20%前後の成婚率になるはずです。

【体験取材】IBJメンバーズの無料相談で特徴や他社との違いを聞いてみた

なぜ成婚率を高く見せるの?

IBJメンバーズを悪い例として出しましたが、他の大手結婚相談所でもけっこう誇張しているところは多いです。

では、なぜ成婚率を高く見せたがるのでしょうか?

それは、成婚率を基準に結婚相談所を選ぶユーザーが圧倒的に多いからなんです。

そりゃ、50%と10%の成婚率だったら、どちらの結婚相談所を選ぶかって話。みなさん成婚率が高い結婚相談所に興味が向かいますよね。

経済産業省の発表では、結婚相談所の平均成婚率は約9%と言われています。高くてもパートナーエージェントの27.2%くらいが基準となるでしょう。

会員数10人未満の小規模な結婚相談所なら成婚率50%という数字もありえますが、やはり30%以上は疑うべきですね。

成婚率ではなく自分に合った結婚相談所を選ぶこと

前述のように成婚の定義が曖昧である以上、「成婚率」だけで結婚相談所を選んではいけません。

また、成婚率が高い結婚相談所が良い結婚相談所というわけでもありません。あなたに合っていなければ、いくらパートナーエージェントのように成婚率が高くても結婚できませんよ。

たとえば、ハイスペックな結婚相談所に平均以下の方が入会しても成婚できる可能性は低いです。

  1. 結婚相談所?それとも婚活アプリ・婚活パーティー?
  2. 仲人型orデータマッチング型?
  3. 結婚相談所の会員のスペックや平均年齢は?

最低でも、上記の基準は確認したうえで婚活しましょう。

成婚率ではなく、あなたに合った結婚相談所を選ぶことが結婚への近道ですよ。

結婚相談所を選ぶ基準については、下記の記事を参照ください。

あなたは出会い系アプリ派?結婚相談所派?婚活の手段は2:6:2の法則で選ぶべし!

結婚相談所の仲人型とデータマッチング型の違いとは?

比較サイトが信用できないので、客観的データのみでおすすめの結婚相談所探してみた

まとめ

私の相談者の方の中でも、成婚率を気にしすぎている人が多かったので記事にしてみました。

たとえば、予備校選びだってそうですよね。いくら国立大学の合格率が高くたって、本人の学力に合っていなければ授業についていけません。

あくまで結婚相談所は、成婚率ではなくあなたに合うかどうかで選びましょう。

まぁこんなこと、結婚相談所のサイトでは絶対書かないですからね。利害関係のない個人ブログだからこそ、これからも正しい情報を発信していきたいと思います。

満足度




結婚相談所の口コミや評判って信用できますか?
結局、個人の感情が入っていると、正しい評価はできませんよね。
というわけで、婚活スペシャリストの私が会員の年収・学歴・年齢層など客観的数値のみで、おすすめの結婚相談所をランキングしてみました。
結婚相談所選びでお悩みの方は、ぜひご一読ください!




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

サウザー

自身の心理学の知識や婚活経験をもとに、結婚で悩む女性向けに情報を発信する婚活スペシャリスト。趣味は娘とお出かけ。 現在、結婚・婚活コンサルに関しては、実績作りのためメール相談に限り無料で承っております。どんな小さな悩みでも構いませんので、お問い合わせフォームよりお気軽に相談ください。