トラブルに注意して!意外と知らない結婚相談所のルールや違反に対する罰則とは

東京 結婚相談所なら

こんにちは。オンライン専門で結婚アドバイザーをやっている、婚活スペシャリストのサウザーです。

業界に気兼ねなく本音を言いたいので、ブログでは匿名で情報発信してます。

結婚相談所では、ほとんどの方がルールを守って活動しています。しかし、何万人も会員がいる以上、ルールを逸脱する方がいるのもまた事実。

”ルールの逸脱”と簡単に言いますが、結婚相談所にとっては信用問題に関わる一大事。だって、事と次第によっては裁判になることもあるのですから。

まぁ普通に活動していればまずトラブルになることはありませんが、あらかじめ知っておいても良いかと思います。

今回は、結婚相談所のルールや違反に対する罰則についてお話したいと思います。

結婚相談所のルール・罰則とは

結婚相談所のルールといってもごく当たり前のことなので、普通に活動してれば違反することはまずありません。

しかし、中にはうっかりやってしまうこともあると思いますので、知っておいて損は無いと思いますよ。

では、具体的にどういったルール・罰則があるのでしょうか?

  • 経歴詐称
  • 個人情報の虚偽記載
  • 成婚費踏み倒し
  • SNSで個人情報流出
  • 復縁を迫る
  • お見合いのドタキャン
  • 返金保証とクーリングオフを混同している
  • 金銭の授受
  • 婚約前のSEX禁止

次項から順番にお話したいと思います。

経歴詐称

一番身近なルール違反と言えば経歴詐称です。詐称と言うと大げさに聞こえるかもしれませんが、皆さんも「年収少し盛ろうかな…」なんて考えたことありませんか?

当然ですが、年収を盛ったり、資格を詐称すると罰則があります。詐称の程度にもよりますが、多くは罰金を支払ったうえで強制退会となります。

とはいえ、入会時は資格証明書や源泉徴収などのチェックがあるので詐称することは難しいですが、トラブルになりやすいのが入会後。

たとえば、現在の会社を退社して年収が大幅に下がったとか、資格が更新できなかったなど…当然、この場合は結婚相談所に報告する義務があります。

お相手の方は入会時のプロフィールを見るわけですから、故意ではなくても大問題。実際、裁判に発展した事例もあります。

くれぐれも、申請漏れには注意しましょう。

個人情報の虚偽記載

病歴や婚歴・子供の有無など、個人情報に関する虚偽記載に関しても罰則があります。

皆さんご存知無いと思いますが、実は結婚相談所自体に個人情報を提出する義務はないのです。戸籍謄本や健康診断書などを会員から入手することは、明確な法律違反ということになります。

嘘をついてもバレないとなると、悪いことは隠したくなるのが人間のさが。両親の介護義務や離婚歴、実は重大な疾患を抱えていた等…個人情報の虚偽記載に関するトラブルは後を絶ちません。

こういったトラブルに備えるため、結婚相談所では契約時に「プロフィールに嘘偽りはありません」という念書をとる場合が多いです。

とはいえ、成婚後に虚偽があったとしてトラブルになるケースもあります。くれぐれも、プロフィールは正直に書いてくださいね。

成婚費踏み倒し

かなりレアケースですが、何万人も会員がいると年に数回、成婚費を踏み倒すカップルが現れるそうです(笑)

シンプルにばっくれるカップル、または、こっそり男女同時に退会してバレるなんてケースも…結婚相談所によっては、倍の成婚費を支払う罰則を設けているところもあります。

まぁサンマリエやIBJメンバーズは成婚費が20万円ですから、踏み倒したくなる気持ちは分かります。しかし、サービスを受けている以上、やはり未払いは許されません。

ちなみに、なぜ成婚費というものがあるのかについては下記の記事を参照ください。

なぜ結婚相談所には成婚費があるの?高くないですか?

SNSで個人情報流出

最近多いトラブルが、SNSでのお相手の個人情報流出。これは明らかに結婚相談所の規約違反です。

基本的に結婚相談所での婚活は、男女ともにシークレットの場合が多いですよね。

フェイスブックは勝手に友達表示されてしまうので、なにげなくアップしたデート画像などから身バレしたというケースもあります。

お相手からのクレームがあると、最悪返金無しの強制退会となることも。くれぐれも、写真するときは注意してくださいね。

復縁を迫る

結婚相談所は、別れることも簡単です。お相手が「違うな」と思ったら、担当コンシェルジュ経由で交際をお断りしてもらうこともできます。

しかし、簡単に別れることができる以上、納得のいかない方が出るもの事実。だって、真剣に交際してたのに、いきなりコンシェルジュ経由で別れを告げられても「なんで?」って思いますよね。

でも、電話して本人に直接理由を聞いたり、復縁を迫ることは規約違反となります。最悪強制退会となることも…

まぁ結婚相談所からすればトラブルの元ですからね。心の整理ができないかもですが、それがルールと割り切るしかありません。

お見合いドタキャン

結婚相談所で一番多いルール違反がお見合いのドタキャンです。

ある結婚相談所では、1回のドタキャンに対して5,000円の罰則を設けているところもあります。

「病気や仕事でやむをえずドタキャンしなければならない場合もあるのに厳しいのでは」という意見もありますが、実はこういった罰則を設けないと不正を働く人(特に男性)が一定数現れるのです。

たとえば、当日待ち合わせ場所でお相手の女性を遠目にチェックして、「うわぁ写真とぜんぜん違うじゃない…ブスだなぁ」と思ったらドタキャンします。

これ、どんな意味があるのかというと、お見合いは男性がお茶代を出すのが通常です。だから、そのお茶代を節約するために、わざと当日ドタキャンするわけです。

当然ながら、こんなことが繰り返されると、お相手の女性はもちろん結婚相談所の信頼も落ちてしまいますよね。

返金保証とクーリングオフを混同している

これはルール違反というか、勘違いによるトラブルですね。

クーリングオフとは、一定期間無条件に契約を解除できるという制度。「契約したけど、冷静に考えてみたら不要だったな…」なんてときに、消費者を守るための法律です。

いっぽう、返金保証制度は、結婚相談所がお見合いできなかった会員に返金するというサービス。

そうなんです。返金保証制度は結婚相談所のサービスの一つで、決して法律で定められているわけではありません。

ですので、実際に返金してもらうには様々な制約があり、適用されないケースも多数存在します。

「出会えなくても返金してくれるから…」なんて、安易に入会するとトラブルの元ですので注意してくださいね。

金銭の授受

金銭の授受は結婚詐欺にも繋がることから、現在でもトラブルが絶えません。

実際にあった事例として、結婚後に一緒に住もうと言われてマンションを購入したが、その後破談になったというトラブル。(しかも、購入したのがお相手の不動産会社…)

そういった会員は強制退会となるのが常ですが、かと言ってお金が戻ってくるわけではありません。

交際を断られたくないからと、金銭を渡したくなる気持ちは分かります。しかし、ルール違反であることは明確です。

もし、金銭やそれに近い物品を要求されたら、必ず結婚相談所に相談しましょう。

婚約前のSEX禁止

「婚約前のSEX禁止って江戸時代か!」と思われるかもしれませんが(笑)理由を聞けばご納得いただけるはずです。

そもそも、婚約前のSEXって本人たちが隠せばバレようが無いと思いませんか?

…そうなんです。そのまま結婚すれば何の問題もありません。しかし、もしその後別れたらどうでしょう。

いつの時代も傷つくのは女性。「A男さんにやり逃げされた!」なんて、結婚相談所に駆け込むわけです。

結婚相談所としては、ヤリモク男性が紛れてたなんて噂が立てば大問題。※結婚相談所は、ヤリモク男性が存在しないということで婚活アプリ・婚活パーティーとの差別化を図っています。

SEXまでの経緯はどうあれ、男性がその気にならなければ行為には及べないので、男性側の罰金・強制退会となります。(女性も罰金・強制退会となる場合があります)

ゼクシィ縁結びエージェントなど結婚相談所で出会った男女がHするタイミングは?

まとめ

結婚相談所のルールや違反に対する罰則についてまとめてみました。

故意にやるのはもってのほかですが、中にはついつい出来心でやってしまいそうなルール違反もありますよね。しかし、強制退会となると、入会金、活動費、月会費は一切戻ってきません。

まぁお金の問題は抜きにしても、あなたがもし騙されたら嫌ですよね。お互いが気持ちよく利用するためにも、結婚相談所のルールは遵守しましょう。

満足度




結婚相談所の口コミや評判って信用できますか?
結局、個人の感情が入っていると、正しい評価はできませんよね。
というわけで、婚活スペシャリストの私が会員の年収・学歴・年齢層など客観的数値のみで、おすすめの結婚相談所をランキングしてみました。
結婚相談所選びでお悩みの方は、ぜひご一読ください!




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

サウザー

オンライン専門で活動する、婚活アドバイザー。自身の心理学の知識や婚活経験をもとに、主に結婚で悩む女性向けに情報を発信しています。 大手保険会社の会員向け冊子、不動産会社のブログで執筆経験あり。(プロフィール欄参照) 相談に関しては、お問い合わせフォームより承っております。(無料)どんな小さな悩みでも構いませんので、お気軽に相談ください。