婚活女子必見!男性が思わずプロポーズしたくなる4つの条件とは

東京 結婚相談所なら

こんにちは。オンライン専門で結婚アドバイザーをやっている、婚活スペシャリストのサウザーです。

業界に気兼ねなく本音を言いたいので、ブログでは匿名で情報発信してます。

皆さんは、男性がどういった時に「あなたと結婚したい!」と思うか考えたことがありますか?

「○○ちゃんは美人でスタイルもいいから結婚したい!」

「○○ちゃんはおしゃれだし、一緒にいて楽しいから結婚したい!」

いえいえ、実はこのような理由で男性は結婚したいとは考えません。

今回は、男性が思わずプロポーズしたくなる女性の条件についてお話したいと思います。

男性がプロポーズしたくなる条件とは

美人だったり話上手のほうが結婚できるなんて思っている女性も多いのではないでしょうか?

あるアンケートでは、男性が結婚を決意した理由としてもっとも多かったのが「素敵な家庭が築けそう」と思ったことだそうです。

■あなた(男性)が結婚を決断した理由は?

1位 彼女となら素敵な家庭が築けそうと思った(31.34%)

2位 彼女が妊娠した(11.44%)

2位 彼女以上の女性は二度と現れないと思った(11.44%)

4位 彼女が大好きでたまらなかった(10.95%)

5位 彼女や彼女の周りから結婚のプレッシャーがあった(7.46%)

引用:頭脳派女子の婚活力より

恋愛は楽しむだけのもの、結婚は癒しを求めるもの。そうです、男性は穏やかな家庭を築けるかで結婚相手の女性を選んでいるのです。

そもそも恋愛と結婚は違います。確かに恋愛であれば美人でスタイルの良い話し上手な女性が選ばれるでしょう。

しかし、結婚となれば、それ以外の要素が重要になってくるのです。

家庭的な姿を見たとき

もっとも大事なことが、あなたとの家庭を想像できるかどうかなんです。

「でも、どうやって結婚後の家庭を想像させるの?」

彼に家庭をイメージさせる方法はいくつかあります。

■一人暮らししている女性

実家住まいよりも一人暮らしをしている女性の方が、結婚相手としての魅力を感じます。掃除・洗濯、家計まで一人でこなしている女性には家庭を任せられる安心感がありますね。

■料理している姿を見たとき

会社から帰宅して奥さんの手料理を食べるというのは、男性だったら誰しも憧れます。料理をしている姿をみると結婚後を想像することができます。料理が美味しければベストですね!

■看病してくれたとき

誰しも病気したときはさみしいもの。弱っている時だからこそ、あなたがそばにいてくれたら結婚したくなります。

 

実際、私も妻にプロポーズするとき、上記の出来事が後押ししてくれました。

金銭感覚が近い

女性が活躍する社会になって久しいですが、それでも男性は「自分が大黒柱にならなければ」という自負があります。

ですので、金銭感覚が合うというのはとても大事な要素です。

たとえば、ヴィトンやプラダなどのハイブランドを日常使いしている女性をみると、なんとなく「この女お金かかりそう、とても養っていけない…」なんてネガティブに捉えてしまいます。(それが好きって男性もいますが少数です…)

付き合うだけならともかく(基本は自分でブランド物を買っているでしょうから)、結婚したら家計の一部をブランド物に使われるかもしれません。そう思うと、結婚に二の足を踏むのは当然です。

逆に、映画を見に行く時「映画館の飲み物は高いから、コンビニで買って行こ!」なんていう子は、個人的には大好きですね(笑)

派手なメイク・服装の女性が運命の男性と出会うことができない5つの理由とは

ベッドの相性

当たり前ですが、結婚すれば他の女性と性行為はできません。ですので、ベットの相性っていうのはとても重要です。

正直、受身だけの女性は嫌われます。

確かに、交際当初は受身だけでも良かったかもしれませんが(男性も頑張ってリードしようと思いますし)、それだけでは男性も飽きてしまいます。だんだんマンネリ化してセックスレスになる可能性も…

セックスレスは浮気の温床ともなりますので、あなた自身も男性が喜ぶようなプレイを奉仕する必要があります。

とはいえ、売れっ子のAV女優のようなテクニックは必要ありません、大事なのはお互い楽しむこと。

時にはコスプレしたり、アダルトアイテムを使ってみるのも良いかもしれませんね。

既婚男性の4人に1人が浮気してるの!?浮気をさせないように誘導する方法とは

彼の世界に踏み込まない

私も人並みに恋愛は経験してきましたが、いるんですよ、男性の世界に踏み込んでこようとする女性が(笑)

女性には理解できないかもしれませんが、男性には独自の世界が存在するのです。

  • 趣味の世界
  • 飲み会の世界
  • 仕事の世界
  • ネット仲間の世界

これは、共有することを喜びとする女性脳と、自分の世界を作りたい男性脳の違いですね。フィギュアや漫画集めが良い例、こういった趣味を持つのは圧倒的に男性です。

だから、趣味の集まりに彼女・奥さんを連れて行きたくないんですよ。それは、けっしてやましい気持ちがあるからではなく、自分の世界は独立したものでありたいのです。

「なんで私も連れて行ってくれないの?」なんて言われると答えようがないのですがwともかく、無闇やたらに介入しようとする女性は嫌われます。

その点、私の妻は踏み込んでこなかったので、「この人は、心のパーソナルスペース守れる人だな!」なんて、結婚を決意したしだいです。

好きな彼だったら何をしてるか気になるだろうし、趣味を共有したいと思うでしょうけど、そこは自由にやらせてあげましょう。

まとめ

昔の人はうまいこといいますね、「美人は三日で飽きる」まさにその通りだと思います。

私は10歳年下の女性とお付き合いしたことがあります。

美人でスタイルの良い女性と交際していたこともあります。

しかし、私が結婚相手に選んだのは、ミニュチュアサイズで年上の特段美人でもない妻でした。(これ見たら怒られますね笑)

確かに、婚活のスタートラインに立つために容姿を磨くことは重要ですが、交際後は彼が結婚を意識できる女性を目指しましょう。

結婚するの?しないの?プロポーズに踏み切れない彼を本気にさせる方法とは

満足度




結婚相談所の口コミや評判って信用できますか?
結局、個人の感情が入っていると、正しい評価はできませんよね。
というわけで、婚活スペシャリストの私が会員の年収・学歴・年齢層など客観的数値のみで、おすすめの結婚相談所をランキングしてみました。
結婚相談所選びでお悩みの方は、ぜひご一読ください!




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

サウザー

オンライン専門で活動する、婚活アドバイザー。自身の心理学の知識や婚活経験をもとに、主に結婚で悩む女性向けに情報を発信しています。 大手保険会社の会員向け冊子、不動産会社のブログで執筆経験あり。(プロフィール欄参照) 相談に関しては、お問い合わせフォームより承っております。(無料)どんな小さな悩みでも構いませんので、お気軽に相談ください。