あなたのことを一番デブだブスだって思っている人は○○だった!?

東京 結婚相談所なら

こんにちは。オンライン専門で結婚アドバイザーをやっている、婚活スペシャリストのサウザーです。

業界に気兼ねなく本音を言いたいので、ブログでは匿名で情報発信してます。

自分の見た目にコンプレックスを抱えている女性多いですよね。

「身長が低い」

「太っている」

「ブス」

…でも、それって誰が決めたんでしょう。

日本の法律で定められているのですか?厚生労働省が統計でも発表したんでしょうか?

もちろん、そんなわけないですよね。

というわけで、今回はブスだデブだって決めてるのは、実は自分自身なんじゃないかというお話です。

一番デブスと思っているのは自分自身

冒頭でお話したとおり、別にブスやデブの基準なんてないですよね。

「小学校の時にブスといじめられた…」

「以前の彼氏に太ってるからフラれた…」

小学校のいじめっ子がブスの基準を作っているわけではないですよね。元カレが、体型の絶対評価を下しているわけではないですよね。

ブスとかデブって一番思っているのは、実は自分自身なんですよ。

拒食症の女性が、もうガリガリなのに「まだ太っている」と思うように、自分自身が評価を落としているのではないでしょうか。

平安時代なんてぽっちゃり一重が美人だったんですよ。そのくらい人の美に対する評価って曖昧なんです。

逆に、あなたに対して「サラサラヘアーで羨ましい」「肌がきれいで素敵」なんて思っている女性もいるかもしれませんよ。

男性全員に高評価を得るのは不可能

以前、友人とこんな話になりました。

最近ドラマでも活躍中の人気モデルさんについて、

A君「スレンダーで顔も可愛い!結婚するならあんな人がいいな~」

B君「いやいや、スレンダーって痩せすぎでしょ。バストも無いし俺は無理」

C君「細いのは俺好みなんだけど、唇が分厚いし目が切れ長。好きって言われても付き合わないなぁ」

人気モデルさんに対して、三十過ぎのおっさんが上目線で言いたい放題ですが(笑)要は、どんなにきれいな女性でも男性全員に高評価を得るなんて不可能なんです。

だから、もし誰かに「デブだ」「ブスだ」なんて言われたことがあるなら、運悪くたまたまそういう人間に遭遇してしまっただけ。

逆に、あなたのことが素敵だと思う男性は、世の中にはとてもたくさんいるんですよ。

恋愛に消極的になるほうがマイナス

私の場合、小学生の頃から出っ歯がコンプレックスだったんです。それで同級生にいじられて悔しい思いをしたことがあります。

でも、その後お付き合いした彼女に、「ビーバーみたいで可愛い」と言われた時に、コンプレックスからある程度抜け出すことができました。

自分の愛する人が、自分のことを好きでさえいてくれれば、別に顔の美醜は気にする必要はないと。

キスした時に、ボクの前歯が相手の前歯に当たるので、よく二人で大笑いしてましたね(笑)結局、その彼女とは別れてしまいましたが、僕の意識を変えてくれた彼女には今でも感謝しています。

よく、他の方の恋愛ブログを見るんですが、本当にもったいないなぁと思うことが多いです。

自分で勝手にブスだデブだと決めつけて消極的になっている。結果的に、それが恋愛のチャンスを失わせているのです。

気になる男性がいたら、ご自身でも積極的にアピールしてみましょう。

自信を持てばコンプレックスはなくなる

とは言え、そんな精神論でコンプレックスを克服できるほど甘い問題ではないですよね。個人的に九割の女性は気の持ちようだと思うのですが、中には本当に病んでいる方も多いです。

そんな時オススメなのが、自分自身のがんばりで克服できるコンプレックスはできる限り努力することです。

代表的な克服できる悩みが肥満ですよね。といっても、「いきなり20kg痩せてスレンダーになれ!」ということではありません。

とりあえず、3kgでも5kgでもいいです。見た目にそれほどの変化がなくても何かをやり遂げた自信が男性と対した時の美しさに現れてくるんです。

スポーツ選手が良い例ですね。なでしこジャパンでも競泳選手でも、ノーメイクでクシャクシャになって戦っていますが、とても美しく感じるじゃないですか。自信はきっとオーラになってあなたにプラスの作用をもたらすことでしょう。

整形の是非

以前、湘南美容外科クリニックのドキュメンタリーを見たことがあります。個人的には、まったくブスなんて思いませんでしたが、容姿がコンプレックスで人前でマスクを外せないなんて女性が印象的でした。

今の医学の力でしたら、簡単に容姿を変えることも可能です。私の出っ歯もそうですが、すでに精神論ではどうにもならないくらい悩んでいるのであれば整形してもいいと思います。

実際、ドキュメンタリーでも術後に性格まで明るくなった女性をみて、そう感じずにはいられませんでした。

しかし、整形はあくまでコンプレックスを克服する方法のひとつであって、結局いくら容姿が美しくても自分自身を磨かなければ一生良縁に恵まれることはありません。

まとめ

アメブロなんか見てると、けっこう容姿に対するコンプレックスが多いのでびっくりします。

だって、容姿は相手を選ぶ基準のひとつに過ぎないのに、あまりにもそれだけがクローズアップされて一人歩きしてますよね。

匿名ブログだから言っちゃいますが、私の妻も154cmの中肉中背、特に美人ってわけではありません(笑)でも、出会ってから大きなケンカもないですし、やっぱりフィーリングが合うんですよ。

高嶺の花となんとか付き合うことができても、結局自分が自然体でいれなければ意味がないんですよね。

どんな美人でも悩みはあります。幸せは外見だけじゃないということを、ぜひ覚えておいていただければと思います。

満足度




結婚相談所の口コミや評判って信用できますか?
結局、個人の感情が入っていると、正しい評価はできませんよね。
というわけで、婚活スペシャリストの私が会員の年収・学歴・年齢層など客観的数値のみで、おすすめの結婚相談所をランキングしてみました。
結婚相談所選びでお悩みの方は、ぜひご一読ください!




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

サウザー

オンライン専門で活動する、婚活アドバイザー。自身の心理学の知識や婚活経験をもとに、主に結婚で悩む女性向けに情報を発信しています。 大手保険会社の会員向け冊子、不動産会社のブログで執筆経験あり。(プロフィール欄参照) 相談に関しては、お問い合わせフォームより承っております。(無料)どんな小さな悩みでも構いませんので、お気軽に相談ください。