もう出会いを探すのは疲れた…婚活にストレスを感じたらアプローチ方法を変えてみよう!

東京 結婚相談所なら

こんにちは。オンライン専門で結婚アドバイザーをやっている、婚活スペシャリストのサウザーです。

業界に気兼ねなく本音を言いたいので、ブログでは匿名で情報発信してます。

「半年間婚活したけど、お断りされるたびに疲れる…」

「なかなかいい人にめぐり合うことができないのでストレスを感じる…」

恋愛って疲れますよね…真剣に結婚を考えていればなおさらです。

でも、ここでストレスに耐えかね婚活を終えてしまえば、その先の幸せもありません。

というわけで、今回は婚活疲れの原因と結婚ストレス解消法についてお話したいと思います。

婚活疲れの原因とは?

そもそも、婚活疲れの原因はどんなものがあるのでしょうか?

【婚活疲れの原因】

  • お断りされてばかり
  • 理想の男性に出会うことができない
  • 男性からのアプローチが多すぎる
  • 騙された、ひどい男だった
  • 両親や友人のプレッシャーを感じる

私も婚活中は嫌な思いもたくさんしました。でも、ここで諦めたら結婚はできないという焦りもありますよね。

まず、理由はどうあれ、婚活にたいしてストレスを感じたらいったん活動はお休みしましょう。

「急いては事を仕損じる」なんてことわざもある通り、無理やり婚活しても良いご縁はありません。

週末は旅行に行ったりショッピングしたり、自分の好きなことに時間を費やします。そこで、あらためて結婚の思いが芽生えたら婚活を再開すれば良いのです。

筋トレや勉強だって、休憩を挟んだ方が効率は良くなりますよね。

そして、ご自身の気持ちが落ち着いたら、アプローチ方法を変えて婚活を再開することをおすすめします。

お断りされてばかり

「せっかくうまくいってると思ったのに、交際をお断りされた…」

「婚活パーティーで誰にも相手にされない…」

婚活をしていて一番ストレスとなるのが、男性からお断りされることですよね。

結婚は相手があってのこと。「お断りされる」リスクを減らすことはできません。

では、交際から結婚まで至る確率ってどのくらいだと思います?

成婚率を発表している結婚相談所を探してみたところ、どの会社もおおむね2割くらいでした。

これ、あくまで自己申告だから、2割って数字も怪しいんですが(笑)結婚相談所で働いている友人の話だと、20代後半の女性で、10%くらいだそうです。

どうです?10人とお見合いしてやっと結婚できるんですよ。

しかも、結婚の意識が高い結婚相談所でこの確率。出会い系や婚活サイトではさらに確率は低くなるでしょう。

たとえば、20人にお断りされて悩んでいるなら分かります。(この場合は、アプローチ方法に問題があると思われますが…)

正直、2~3人の交際で疲れたといっているなら、まだまだ甘いと言わざるを得ません。

こういった時の対処法は、一人の男性に依存せず、友達感覚で様々な方とコミュニケーションすることです。

婚活の場合は、「広く浅く」戦法が有効なんですよ。そうすれば、一人二人振られてもなんとも思わなくなります。

本命の彼だけに夢中になるな!婚活するなら複数の男性と同時進行すべき6つの理由

理想の男性と出会うことができない

「1年間婚活したけど、なかなか理想の男性が現れない…」

理想の男性と出会うことができないのは、ストレスになりますよね。

でも、こういった悩みを抱える女性は、理想が高すぎるのが原因なんです。いわば、ご自身の問題。

極端な話、年収1,000万円の男性と年収350万の男性だったら、どちらの方が出会える確率が高いかって話です。

相手だって意思はあります。ハイスペック男子とノースキルの女性が出会う可能性は低いと言わざるを得ません。

もちろん、誰でも良いというわけではありませんが、一度男性の理想を下げてみてはいかがでしょうか?

今までスペックだけでお断りしていた男性も、「会ってみたら意外と良かった」なんてことがあるかもしれませんよ。

【超簡単】婚活女子はロジカルシンキングで自分の性格を見つめ直してみよう!

男性からのアプローチが多すぎる

一見するとうらやましく思いますが、当人としては男性からのアプローチが多すぎるのも考えものです。

特に、出会い系や婚活アプリなどは、その手軽さも手伝ってスパムかと思うくらいメッセージが届きます(笑)男性の利用者としては、メール送っても返信率が低いので女性のプロフィールなんて見ずに送りまくるんですね。

フィルターをかけることもできますが、それで男性の質が高くなるわけではありません。

アプローチが多すぎて困るという方は、よりクローズドなサービスを利用することをおすすめします。

出会い系サイト<婚活アプリ<婚活パーティー<婚活パーティー(限定)<お見合い(結婚相談所)

クローズドになるほど、男性からのアプローチも限定されますので落ち着いて婚活ができます。

特に結婚相談所はお見合いのセッティングからお断りの連絡までしてくれるので、アプローチが多すぎて困るという方にはおすすめです。

「でも、クローズドのサービスだと、男性も少ないのでは?」

いえいえ、登録数が多ければ素敵な男性に出会える可能性も高くなると思ったら大間違い。男性の本気度や質という意味では、低いと言わざるを得ません。

婚活アプリしかやったことのない方は、年収限定の婚活パーティーや結婚相談所も検討してみてはいかがでしょうか?

騙された、ひどい男だった

これ、婚活あるあるなんですが、「実は二股をかけられていた」とか、ひどいのになると「既婚者だった」なんてことも…特に、敷居が低い女性無料の出会い系アプリほど、こういった低レベルの男性が一定数まぎれているんです。

もし、そういった低レベルの男性に騙されたくなければ、必ず有料サービスを利用しましょう。利用料が高額なほど、低レベルな男性に騙される可能性は減ります。

たとえば、激安キャバクラと銀座の会員制高級クラブ、どちらの客の質が高いかは説明するまでもありませんよね。

当然、有料サービスは敷居が高い上、クローズドになるほど年収・戸籍チェックなど審査も厳しい傾向にあります。

両親や友人のプレッシャーを感じる

「両親に会うたびに、結婚のことを聞かれる…」

「一緒に婚活を始めた友人が先に結婚してしまった…」

両親や友人のプレッシャーを感じているかたは、結婚を焦りすぎなんです。

まず、大前提として誰のための結婚かということなんですよ。自分が幸せになるためですよね。

極端な話、「結婚しない」「出産しない」幸せだってあるわけです。だから、本来は両親に何を言われようが、誰が結婚しようが関係ありません。

まずは、SNSなど余計な情報を遮断して、自分の時間を楽しんでみてはいかがでしょうか?

フェイスブックなんかのリア充投稿なんて見ても良いことなんてありません。ミュートすれば、相手にばれずに投稿を遮断することができます。

なにより、結婚したいがゆえの悲壮感は男性に伝わります。これでは良いご縁に巡り会えるわけがありません。

逆の立場で考えてみてください。結婚に必死な方より自分の時間を楽しんでる男性のほうが魅力的だと思いませんか?

「急がば回れ」とはこのことです。リラックスした状態の方が意外とあっさり出会えるものです。

まとめ

婚活疲れを感じる方の傾向として、真面目な女性が多いんですよね。

結婚相手と出会う場所って、どこが一番多いと思います?

みんなのウェディングニュース調べでは、学校・職場で出会ったと答えた方が6割でした。(ちなみに合コン、婚活パーティーは2割)

そうなんです、案外「結婚するぞ!」って感じではない方が、出会える可能性は高まるわけです。

まずは、結婚相手ではなく、友達探しの感覚で婚活を再開してみましょう。

大丈夫、必ず運命の男性はあなたの前に現れます!

満足度




結婚相談所の口コミや評判って信用できますか?
結局、個人の感情が入っていると、正しい評価はできませんよね。
というわけで、婚活スペシャリストの私が会員の年収・学歴・年齢層など客観的数値のみで、おすすめの結婚相談所をランキングしてみました。
結婚相談所選びでお悩みの方は、ぜひご一読ください!




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

サウザー

オンライン専門で活動する、婚活アドバイザー。自身の心理学の知識や婚活経験をもとに、主に結婚で悩む女性向けに情報を発信しています。 大手保険会社の会員向け冊子、不動産会社のブログで執筆経験あり。(プロフィール欄参照) 相談に関しては、お問い合わせフォームより承っております。(無料)どんな小さな悩みでも構いませんので、お気軽に相談ください。