デートを楽しむだけではダメ!?男性に聞いておくべき5つの質問とは【婚活】

東京 結婚相談所なら

こんにちは。オンライン専門で結婚アドバイザーをやっている、婚活スペシャリストのサウザーです。

業界に気兼ねなく本音を言いたいので、ブログでは匿名で情報発信してます。

皆さん婚活は順調でしょうか?

「最近出会った男性と意気投合して、毎回デートが楽しみです!」

「彼も結婚に前向きだし、運命を感じてます!」

でも、いくらお相手とうまくいってるからって、ただデートを楽しんでいるだけではダメなんです。

以前記事にもしましたが、婚活は時間との勝負。短い時間で相手の価値観を見極めなければなりません。

平均的な成婚期間は10ヶ月!?結婚相談所での婚活はスピード感が大事だよって話

というわけで、今回は婚活女子が男性に聞いておきたい5つの質問についてお話したいと思います。

男性に確認しておきたい5つの質問とは

お見合いして数回のデートを重ね、あなたが男性のことを気に入ったとしましょう。

10代の恋愛なら、「彼は今何してるんだろうな?」「仕事忙しいかな?」なんて想像しながら、物思いにふけるのもよいでしょう。

しかし、婚活となると話は違ってきます。だって、悠長に2~3年も交際するわけにはいかないですし、短期間で相手のことを知る必要がありますよね。

では、具体的にどのようなことを確認しなければいけないのでしょうか?

  1. 仕事(休日・残業)
  2. お金(借金・金銭感覚)
  3. 家族
  4. 子育て
  5. 病気

もちろん、仕事や収入などはプロフィールを見れば分かりますが、質問の本質は別のところにあります。

では、次項から具体的にお話させていただきます。

①仕事(休日・残業)

婚活アプリや結婚相談所なら、どんな仕事をしているかプロフィールを見ればすぐわかります。しかし、具体的な仕事内容や、休日・残業については、やはり対面で聞かないとわからないですよね。

なぜ、残業や休日が重要かというと、結婚後の生活に大きく影響するからなんです。

たとえば、帰宅時間が不規則だったり残業が多い仕事だと、平日の子育てはシェアできないかもしれません。はたまた、休日が土日以外だと、あなたや子どもと過ごす時間が少なくなることも…

一緒に食事できなかったり、家族でお出かけできないのは、夫婦関係のすれ違いを生む原因にもなります。

②お金(借金・金銭感覚)

お金は、結婚するうえでもっとも大事な要素です。たとえ、男性の収入が多くても、借金があったり趣味・ブランドにお金をつぎ込んでいるなら意味がありません。

あらかじめ、借金・貯金の有無や生活費・金銭感覚についてヒヤリングしておきましょう。はっきり言って、借金癖や金銭感覚はすぐに治るものではありません。

離婚弁護士ナビの調べによると、女性の離婚原因の第二位が「夫が生活費を渡さないこと」だそうです。意外なことに、浮気より件数が多いんですよ。

金の切れ目が縁の切れ目。真剣交際へ至るまでに必ず確認しておきたいですね。

出典:離婚弁護士ナビ

③家族

お相手の家族に関しては、必ず確認しておきたいですね。

両親が存命なのか、離婚したのか、裕福なのか、貧乏なのか、共働きなのか、専業主婦なのか、仲はいいのか…

たとえば、両親が存命の場合、介護義務が生じることもあります。または、男性の母親が専業主婦の場合、あなたが結婚後に働くことを望んでも許してもらえないかもしれません。

ひどい話になると、アラフォー女性が交際中の男性の実家を訪問したときに、高齢を理由に断られたなんて事例もあります。

④子育て

子どもが欲しいかどうか、結婚相談所ではあらかじめプロフィールで確認できます。

しかし、いざ子どもが生まれたときどう子育てをシェアしていくかについては、男性に直接聞くしかありません。

男性の中には、まだまだ「子どもは女性が育てるもの」と誤った考えを持つ方も多いです。

たとえば、我が家は保育園の送りを私が、お迎えを妻が担当しています。また、休みの日は、1ヶ月ごとにスケジュールを作って子育てをシェアしているのです。

特に、出産後も仕事を続けたいと思っている女性は要チェックですね。

⑤病気

持病に関しても、結婚相談所ではあらかじめ申告が必要な場合があります。とはいえ、聞きなれない病気だと、どういった症状なのか分かりませんよね。

また、精神疾患の場合は、どこまで症状が進行しているのか気になるところです。

持病があるとすればどのような病気なのか?どの程度進行しているのか?介助は必要なのか?

交際が進展する前に、しっかりヒヤリングしておく必要があります。

相手の気分を害することなく質問する方法は?

「成婚前に聞いておきたいけど、相手に失礼なのでは?」

確かに、ストレートに聞くと相手を不快にさせてしまう場合があります。では、どのように質問すれば良いのでしょうか?

■自身の情報から開示する

質問する場合は、まず自分の情報から開示してみましょう。

「私は両親と同居している兄がいるし介護する必要ないんだけど、○○さんはどうですか?」

「私は洋服とかコスメに月3万円くらい使ってるけど、○○さんの趣味はどう?」

または、自分の情報を開示すると、誘導しなくても自然と男性が話してくれる場合もあります。

■友人の話にする

「最近結婚した親友の旦那さん…実は借金があったんですって。どう思いますか?」

「私の友人は出産後も子育てをシェアしながら仕事を続けたいらしいんですが、どうアドバイスしてあげれば良いですか?」

こんな感じで、友人の話にすげ替えつつ男性の本音を探ります。

 

まぁ本気でお相手との結婚を考えているなら、ストレートに聞いても問題ありません。

男性だって本気であなたとの結婚を考えているなら、「彼女は本気で俺との結婚を考えているから、こういう踏み込んだ質問をするんだな」って思いますから。

本当に誠意のある人だったら怒らないので、相手を信頼して自分の疑問をぶつけてみましょう。

ただし、くれぐれもお見合いの席や初めてのデートで踏み込んだ話をしてはいけませんよ。ストレートに質問するなら、相手との信頼関係が構築されてからです。

まとめ

相談者の話を聞くと、わりとのんびりデートを楽しんじゃってる方が多いんですよね(笑)

もちろん楽しむことは悪いことじゃないんですが、価値観が合わない男性はどんどん切り捨てていかないと時間の無駄になってしまいます。

本命の彼だけに夢中になるな!婚活するなら複数の男性と同時進行すべき6つの理由

それこそ、婚約寸前に借金が発覚したら目も当てられません。

まぁ相手を値踏みするのが嫌って気持ちも分かりますが、婚活とはそういうものです。常に計画性を持って婚活を続けていきましょう。

満足度




結婚相談所の口コミや評判って信用できますか?
結局、個人の感情が入っていると、正しい評価はできませんよね。
というわけで、婚活スペシャリストの私が会員の年収・学歴・年齢層など客観的数値のみで、おすすめの結婚相談所をランキングしてみました。
結婚相談所選びでお悩みの方は、ぜひご一読ください!




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

サウザー

オンライン専門で活動する、婚活アドバイザー。自身の心理学の知識や婚活経験をもとに、主に結婚で悩む女性向けに情報を発信しています。 大手保険会社の会員向け冊子、不動産会社のブログで執筆経験あり。(プロフィール欄参照) 相談に関しては、お問い合わせフォームより承っております。(無料)どんな小さな悩みでも構いませんので、お気軽に相談ください。