婚活疲れしやすい女性の7つの特徴とは?対処法も教えます

東京 結婚相談所なら

こんにちは。オンライン専門で結婚アドバイザーをやっている、婚活スペシャリストのサウザーです。

業界に気兼ねなく本音を言いたいので、ブログでは匿名で情報発信してます。

「一度婚活したけど、結局うまくいかず辞めてしまった…」

「振られるたびに傷つき、私は結婚できないのだと悟った…」

婚活したけど、うまくいがず辞めてしまった…なんて方は多いと思います。それくらい、「婚活」と「婚活疲れ」というのは切っても切れない問題ですよね。

また、これから婚活を始める女性は、あらかじめ婚活疲れの対処法を知っていると挫折することが少なくなります。

というわけで、今回は婚活疲れしやすい女性の特徴と対処法についてお話したいと思います。

婚活の現実を知らない

私の元にも時々婚活疲れに関する相談があるんですが、一番多いのが「婚活がうまくいかない」という悩みです。

しかし、よく話を聞いてみると、”そもそも現実を知らずに婚活している女性”があまりに多すぎるんですよね。

3~4回お見合いして、全て断られたから疲れたと言う女性。

1人の男性と仮交際まで進んだが、結局振られて自信が無くなったと言う女性。

いやいや、あなたは広瀬すずですか?石原さとみですか?

そのくらいの美女なら、1回振られて落ち込むのも納得ができます。そうでないなら、数回振られた程度で落ち込むなんておこがましいですよ(笑)

実際、結婚相談所で成婚に至った女性が、平均何回お見合いしているかご存知ですか?

■女性

  • 20代…年間60回お見合い申込み、7回お見合いして成婚
  • 30代…年間200回お見合い申込み、14回お見合いして成婚
  • 40代以上…年間240回お見合い申込み、15回お見合いをして成婚

【参考記事】

結婚相談所では何回お見合いすれば成婚退会できるの?確率を計算してみた!

一番人気の20代女性でさえ、平均7回もお見合いしてるんです。ということは、6回は失敗している計算になります。

運転免許の受験と司法試験の受験では覚悟が違いますよね。

たとえば、30代女性なら14回はお見合いする覚悟で婚活すれば、数回振られたくらいで疲れたなんて言わないんですよ。

まずは、婚活の現実を知って、しっかり心の準備をすること。これが、婚活疲れに対する備えの第一歩です。

振られるのが嫌だ

「男性に振られるのが嫌だ…」

こういったマインドを持つ女性も、婚活疲れしやすいタイプの特徴です。

前項でもお話した通り、まず振られることを前提として婚活しないと話は進みませんよ。

「他の女性と比べられる」「スペックを品定めされる」そんな当たり前のこと嫌がっていたら、婚活なんてうまくいきません。

逆に聞きたいんですが、一般的な恋愛では他の女性と比べられないんですかね?スペックを品定めされないんですか?

そんなことはないでしょう。

振られるのが嫌だという女性の対処法は簡単、ひとりの男性に依存しないことです。

たとえば、結婚相談所では、仮交際(お友達期間)に限り同時進行が認められています。婚活アプリでも、同じように複数の男性とやり取りができますよね。

本命の彼だけに夢中になるな!婚活するなら複数の男性と同時進行すべき6つの理由

常に3~4人の男性と同時進行していれば、たかが一人くらい振られてもなんとも思わなくなります。

自然に出会い結婚がしたい

婚活アプリや結婚相談所での出会いに抵抗がある女性って一定数いるんですよね。

じゃあ聞きますが、職場・学校・合コンで出会うのと何が違うのでしょうか?

結局”ご縁”という名の運ですよね。

職場で偶然同じ部署だった男性と付き合うことに抵抗はないのに、結婚相談所のプロフィールに偶然現れた男性と付き合うのは抵抗があるんですか?

私はなんの違いも感じないのですが。

むしろ、婚活アプリや結婚相談所は、自分の狭いコミュニティでは絶対出会うことのない異性と接点が持てる、素晴らしい場所だと思いますよ。

相手が結婚に対して煮え切らないのが嫌だ

「3年も付き合ったのに結局振られた。もう結婚できないのかな…」

通常プロポーズは男性が行うものです。ですので、受身の女性としては、結婚に煮え切らない彼にイライラするのは当然です。

長くお付き合いしたのに振られたら、そりゃ婚活疲れになりますよね。特に30代以上の女性なら、結婚に対する焦りもあるでしょう。

こういった方には、婚活パーティーや婚活アプリではなく結婚相談所をおすすめします。なぜなら、結婚相談所は交際からプロポーズまでの期間が決められているからです。

平均的な成婚期間は10ヶ月!?結婚相談所での婚活はスピード感が大事だよって話

理想の男性像がある

「男性がデートでうまくリードしてくれなかった」

「いつも会話が途切れてしまう」

「ヒールを履いているのに、男性がどんどん先に行ってしまう」

確かに、こういった男性とお見合い・デートしているうちに、婚活に疲れてしまうってパターンはよくあります。

でもね、こういったことが気になる女性は、はっきり言って男性に理想を追い求めすぎなんですよ。

仕事では散々できる男に会っているキャリア女性や、元カレを引きずっている女性にありがちな心理状態ですね。

理想の男性像があり、どうしても相手の悪いところが気になってしまう方は、減点方式ではなく加点方式で考えるようにしましょう。

100点満点からの減点方式でお見合い・デートにのぞむから、会うたびに減点して気持ちが冷めてしまうんです。

加点方式でお見合い・デートにのぞめば、男性の意外な一面が発見できるかもしれませんよ。

それに、気になるところがあるなら、あなたから改善できるように誘導してあげることも大事です。

「男性がデートでうまくリードしてくれなかった」→あなたからこうして欲しいと伝えましょう。

「いつも会話が途切れてしまう」→お相手は売れっ子のお笑い芸人ではないんです。単純に緊張しているだけかもしれませんよ、あなたから話をふってあげましょう。

男性の条件があいまい

「優しい人なら誰でも…」

「フィーリングさえ合えばOK!」

婚活相談あるあるなんですが、男性の条件が曖昧な人ほど、実は理想が高かったりします(笑)

こういった女性って、たとえ90点の男性が現れても「100点の男性がいい」なんて、交際を蹴ってしまうんですよ。それでいて「良い男性が現れない…」なんて、勝手に婚活疲れしてしまう悪循環…

言っときますが、100点の男性なんてまず現れません。条件が曖昧ならなおさら無理。まぁこういった女性は、100点の男性が現れても「120点がいい」なんて言い始めるんですけど(笑)

だから、まずは「80点超えてたらOK」など、自分の条件を明確にすること。

とは言え、30代の女性が「20代で年収600万の男性がいい」と言ってもまず無理です。自分がどの程度の男性と結婚できるのか分からなければ、やはり結婚相談所などに相談してみましょう。

うまくいかないのを他人のせいにする

「私の婚活がうまくいかないのはアドバイザーのせいだ!」

「結婚できないのは、選んだ結婚相談所が悪かった!」

「私を振った男性は、はっきり言って女性を見る目がない!」

婚活アプリや結婚相談所に入会すれば結婚できると思っている女性がけっこう多いんですよ。だから、入会しても結婚できない現実を突きつけられたとき、婚活疲れしてしまうんです。

はっきり言って、婚活がうまくいかないのは自分の責任ですからね。「入会すれば結婚できる」ではなく「入会して努力すれば結婚できる」なんですよ。

本気で結婚したい女性は、5kg以上ダイエットしたり、男性ウケする振る舞いを学んだり、コスメや服装にこだわったり…本当に血のにじむような努力をしてます。

成婚率が高いIBJでさえ、1年で退会できる会員は2割程度。そりゃ努力しなけりゃ結婚できませんよ。

会員の8割は結婚できないの!?結婚相談所で成婚退会できない人の特徴とは

まとめ

婚活疲れする女性が多いので記事にしてみました。

ちょっと厳しいことも書きましたが、婚活前の女性ならぜひ知っておいて欲しいですね。たぶん1つくらい当てはまる項目があるのではないでしょうか?

でも、たった1項目が原因で結婚を諦めてしまうなんてこともあるんですよ。

私はこのブログで一貫して主張してますが、運命の男性がいない女性なんて存在しません。大事なのは、「必ず運命の男性が現れる」と諦めずに婚活することです。

心が折れることもあるかもしれませんが、これからも当ブログが少しでもお役に立てれば幸いです。

満足度




結婚相談所の口コミや評判って信用できますか?
結局、個人の感情が入っていると、正しい評価はできませんよね。
というわけで、婚活スペシャリストの私が会員の年収・学歴・年齢層など客観的数値のみで、おすすめの結婚相談所をランキングしてみました。
結婚相談所選びでお悩みの方は、ぜひご一読ください!




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

サウザー

オンライン専門で活動する、婚活アドバイザー。自身の心理学の知識や婚活経験をもとに、主に結婚で悩む女性向けに情報を発信しています。 大手保険会社の会員向け冊子、不動産会社のブログで執筆経験あり。(プロフィール欄参照) 相談に関しては、お問い合わせフォームより承っております。(無料)どんな小さな悩みでも構いませんので、お気軽に相談ください。