5ステップで見つかる!自分にぴったりの結婚相談所を選ぶコツとは

東京 結婚相談所なら

こんにちは。オンライン専門で結婚アドバイザーをやっている、婚活スペシャリストのサウザーです。

業界に気兼ねなく本音を言いたいので、ブログでは匿名で情報発信してます。

「結婚相談所って数が多すぎて違いが分かりづらい…」

「自分にベストな結婚相談所を選ぶコツってありますか?」

時々、読者のみなさんからこんな質問をいただくことがありますが、結婚相談所ってたくさんあるのでどれを選んでいいか迷いますよね。

今、友人のボンドくんに婚活体験取材をしてもらってますが、彼もだいぶ迷ったようです。

というわけで、今回はたった6ステップで自分にベストな結婚相談所が見つかる方法についてお話したいと思います。

口コミ・評判は参考程度に

自分にぴったりの結婚相談所を選ぶ5ステップとはなんでしょうか?

  1. 営業所の有無を確認する
  2. 仲人型とマッチング型を選ぶ
  3. 予算内で上下の2社に絞る
  4. 会員の年齢層と平均年収を調べる
  5. 無料相談に行く

この順番で選んでいけば、間違いなくご自身にぴったりの結婚相談所が見つかります。

まず、最初の段階として評判・口コミを探す方がほとんどだと思いますが、ヤフー知恵袋などあまり間に受けないほうがいいです。

なぜなら、結婚相談所の評判・口コミは成婚できなかった方が書いてる場合が9割だからです。

当然、成婚できなかった方のコメントなんで、結婚相談所の評価・口コミは辛いものばかり。ですので、特に「出会えなかった」というコメントは信じないほうが良いです。

逆に、成婚退会したカップルは、わざわざ「ありがとうございました!この結婚相談所で幸せになれました!」なんてコメント残さないですよね。

もし、他人の評価を知りたいのであれば、ブログの方が信ぴょう性がありますね。

ゼクシィ縁結びエージェントの悪い評判はホントなの?現役会員が正直にお話します

それでは、次項より5ステップについて詳しく解説させていただきます。

①営業所の有無を確認する

いわゆる東名阪など大都市圏にお住まいの方はあまり気にする必要はありませんが、地方都市に在住の方は、必ず結婚相談所の営業所の有無を確認しましょう。

なぜなら、営業所がないと「周辺に住む会員が少ない」というデメリットがあるからです。

仮に、群馬県の高崎にお住まいの方で、営業所が無い結婚相談所に登録したとしましょう。ネット環境さえあればお相手を検索することはできるのですが、営業所が無いと同じ高崎に住む異性が少ないというデメリットがあります。

当たり前ですが、婚活中の男女は住んでいる地域に営業所がある結婚相談所に入所します。

もちろん、近県のお相手を探すことも可能ですが、特に都市圏の方は地方在住の時点でNGというパターンが多いです。要は、ご自身がよほどハイスペックでないと、遠距離でのお見合いは成立しないんですね。

なにより、婚活相談ができるのが結婚相談所のメリットなのに、営業所がなければマッチングアプリと大差ありません。(身元や年収が保証されているというメリットはありますが…)

「○○(地方都市名) 結婚相談所」で検索すれば、その地方の結婚相談所が出てくるので、まずはその中からチョイスしましょう。

②仲人型とマッチング型を選ぶ

大都市圏にお住まいの方は、ここからが本番です。大手結婚相談所は東名阪には必ず営業所があるので、①だけで絞るのは不可能でしょう。

ですので、まずは仲人型とマッチング型で結婚相談所を絞ることをおすすめします。

簡単に説明すると、婚活のサポートが手厚いのが仲人型、ご自身での活動がメインとなるのがマッチング型の特徴です。

■仲人型の大手結婚相談所

  • IBJメンバーズ
  • サンマリエ
  • パートナーエージェント

■マッチング型の大手結婚相談所

  • ゼクシィ縁結びエージェント
  • 楽天オーネット
  • ツヴァイ
  • エン婚活

でも、いきなり仲人型かマッチング型なんて聞かれても、どちらが良いか分かりませんよね。

そんなときは、恋愛経験で選ぶことをおすすめします。

恋愛経験が豊富で、異性と積極的にコミュニケーション取れる方はマッチング型、異性と話ことが苦手な方は仲人型をチョイスしましょう。

 

③予算内で上下の2社に絞る

仲人型・マッチング型を決めたら2社に絞ります。

この時、ご自身の予算内で最高金額と最低金額の2社をチョイスすると、サービスの違いが顕著で分かりやすいです。

逆に、やってはいけないのが一括資料請求などパンフレットを大量に取り寄せること。これは決定回避の法則と言って、選択肢が多いほど人間は決断力が低下してしまうんですね。

まずは、シンプルに金額のみで2社選び検討するのが最善の方法です。

1年間活動した場合の費用
IBJメンバーズ 600,000円
サンマリエ 564,000円
クラブマリッジ 495,000円
パートナーエージェント 367,000円
楽天オーネット  272,800円
ゼクシィ 222,000円
ツヴァイ  221,000円
エン婚活 153,800円

※いずれも、スタンダードプランを基準に計算しています。

このように、費用だけで見るとエン婚活が最安ですが、実は月にお見合いに応募できる数が10名までとかなり少ないです。

逆に、IBJメンバーズは高額ですが、サービス・サポートがとても充実してます。

IBJメンバーズとゼクシィ縁結びエージェントの違いは?どちらがおすすめ?

ですので、同じ価格帯で比較してもサービスの違いが分かりづらいので、なるべく金額差がある結婚相談所で検討することをおすすめします。

④会員の年齢層と平均年収を調べる

比較対象の2社を選んだら、そのあとはどうすれば良いのでしょうか?

会員数・成婚率などで比較する方も多いと思いますが、それだけでは判断基準としては弱いです。

いくら会員数が多くても本人のスペックが低ければ出会えませんし、成婚率に関しても各社基準がバラバラなので単純に比較することができないのです。

そこでチェックいただきたいのが、会員の年齢層と平均年収です。

下記の図は、ゼクシィ縁結びエージェントとIBJメンバーズの年収を比較したものです。

■男性の年収(数字は%)

■女性の年収(数字は%)

IBJメンバーズの方が、平均年収が高いのがお分かりいただけると思います。

ですので、例えば年収400万円以下の男性がIBJメンバーズに入会すると、成婚できない可能性が高いのです。

続いて、下記の図はIBJとパートナーエージェントの年齢比を比べてみました。

■男性の年齢比(数字は%)

■女性の年齢比(数字は%)

ご覧のとおり、パートナーエージェントのほうが、平均年齢が高いのがお分かりいただけると思います。

こちらも年収と同様、30代が中心のIBJに50代の方が飛び込んでも厳しい戦いが予想されます。

大手の結婚相談所なら、インターネットやパンフレットに記載されているので、必ず年齢層と平均年収は調べておきましょう。

納得するデータが得られなければ③に戻り、他の結婚相談所を検討し直してください。

⑤無料相談に行く

自分に合いそうな結婚相談所が見つかったら、無料相談に行ってみましょう。

なぜなら、無料相談で面談した方がそのまま担当者になるパターンが多いからです。

担当者との相性はとても大事です。今後、二人三脚で婚活を進めていくパートナーですからね。

④までの時点で絞れなかった場合は、ご自身が納得するまで2社以上無料相談しても良いかもしれません。

ゼクシィ縁結びエージェントで出会った女性とお見合いしてきた!

また、ごくまれに当日勧誘してくる結婚相談所がありますが、絶対に契約しないでください。(大手結婚相談所で強引に勧誘してくることはまずないですが…)

入会自体高額ですし、当日に契約なんてありえません。悪徳業者だと思ってください。

まとめ

結婚相談所選びで悩んでいる方が多かったので、今回記事にしてみました。

一般的には口コミ・評判や会員数、成婚率を基準にされる方が多いと思いますが、実はあまり当てにしないほうがいいんですよね。

結婚相談所によって、年齢や年収のボリュームゾーンは違いますので、ご自身が戦えるフィールドを選択しましょう。

満足度




結婚相談所の口コミや評判って信用できますか?
結局、個人の感情が入っていると、正しい評価はできませんよね。
というわけで、婚活スペシャリストの私が会員の年収・学歴・年齢層など客観的数値のみで、おすすめの結婚相談所をランキングしてみました。
結婚相談所選びでお悩みの方は、ぜひご一読ください!




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

サウザー

オンライン専門で活動する、婚活アドバイザー。自身の心理学の知識や婚活経験をもとに、主に結婚で悩む女性向けに情報を発信しています。 大手保険会社の会員向け冊子、不動産会社のブログで執筆経験あり。(プロフィール欄参照) 相談に関しては、お問い合わせフォームより承っております。(無料)どんな小さな悩みでも構いませんので、お気軽に相談ください。