IBJメンバーズとゼクシィ縁結びエージェントの違いは?どちらがおすすめ?

東京 結婚相談所なら

こんにちは、婚活中ライターのボンドです。

婚活中の男女なら誰でも知っている結婚相談所、業界最大手のIBJメンバーズとリクルート運営でCMもバンバン流れているゼクシィ縁結びエージェント。

やっぱり有名な2社なので検討中の方も多いと思いますが、違いがイマイチ分かりづらいですよね。

というわけで、今回はIBJメンバーズとゼクシィ縁結びエージェントの違いを徹底解説したいと思います。

IBJメンバーズとゼクシィ縁結びエージェントの違いは?

IBJメンバーズとゼクシィ縁結びエージェントは、どちらも一部上場企業ということで信頼性の高い結婚相談所です。

しかし、金額やサービスの違いくらいはなんとなく分かっていても、実際自分にはどちらが合っているのか判断に迷いますよね。

というわけで、次項からIBJメンバーズとゼクシィ縁結びエージェントの違いについて詳しくお話していきたいと思います。

金額の違い

結婚相談所選びにおいて、一番重要なのが金額ですよね。

というわけで、仮に1年間活動して成婚に至った場合の費用を、両社のスタンダードプランをもとに試算してみました。

入会金 活動サポート費 月会費 成婚費 1年間活動した場合の費用
IBJ(スマートコース) 30,000円 190,000円 15,000円 200,000円 600,000円
ゼクシィ(スタンダード) 30,000円 16,000円 222,000円

Wスコア以上の差をつけて、ゼクシィに軍配があがりました。

しかし、高いからIBJメンバーズが劣っているわけではありません。両社のメリット・デメリットをしっかり見極める必要があります。

仲人型とマッチング型の違い

結婚相談所のサービスってどこも一緒だと思っている方も多いですが、実は仲人型とマッチング型で違いがあります。

簡単に説明すると、婚活のサポートが充実しているのが仲人型、基本的にご自身で動かなければいけないのがマッチング型。

具体的には、お見合い場所や連絡先の交換、さらにはプロポーズのタイミングまで間に入ってくれるのが仲人型の特徴です。

ある程度恋愛経験がある方は仲人型がわずらわしいでしょうし、逆に異性との交際経験が少ない方がマッチング型を選んでしまうと成婚の可能性は低いでしょう。

そして、仲人型の雄がIBJメンバーズ、マッチング型の雄がゼクシィ縁結びエージェントということになります。

会員の質の違い

結婚相談所を選ぶ際、会員数を基準にする方が多いのですよね。

実際、会員数でみればIBJが国内最大の約60,000人、ゼクシィが約27,700人ですが、ゼクシィはコネクトシップで他の結婚相談所会員ともお見合いできるので(約55,000人)両社あまり変わりません。

しかし、実は会員数より会員の質を見極めないと成婚の可能性が低くなってしまうのです。

■男性の年収(数字は%)

■女性の年収(数字は%)

ご覧のとおり、IBJメンバーズは基本ハイスペックな方が多いです。だって、日本人の平均年収は420万円ですからね。

特に年収400万円以下の男性は、はっきり言ってIBJでは戦えません。

■男性の学歴(数字は%)

■女性の学歴(数字は%)

こちらも、男女ともにIBJメンバーズのほうが高学歴ですね。

それでも男性はあまり女性の学歴は気にしないようですが、大卒女性は当然のように大卒以上の男性を選ぶでしょう。

短大・高専以下の学歴の男性は、IBJは厳しいですね。

IBJメンバーズにハイスペックな方が多い理由は簡単で、やはり金額が高いことから必然的に金銭的に余裕がある男女が集まるそうです。

年齢比・男女比率の違い

続いては、年齢比と男女比の違いです。

■男性の年齢比(数字は%)

■女性の年齢比(数字は%)

正直、年齢比には大きな差は見られませんが、実は男女比が大きく異なります。

ゼクシィ縁結びエージェントが48:52とほぼ半々に対して、IBJメンバーズは6割強が女性とのこと。

IBJは男女比に関して情報を開示していませんが、アドバイザーの方から得た情報なので間違いないです。

この数字から分かることは、IBJメンバーズはハイスペック男性が多いですが、その分女性の競争が激しいという事実。

成婚率の違い

この項での成婚とは、婚約のことを指します。

というのも、各社「成婚」の基準に違いがあり、交際が実現した時点で「成婚」とする会社もあるので注意が必要なんです。

で、IBJメンバーズは婚約での成婚率が51.7%と、圧倒的に他社を凌駕(りょうが)しています。これは、やはり費用が高額な分、会員のモチベーションが高いことが理由としてあるようです。

対して、ゼクシィ縁結びエージェントの成婚率は3割だそうです。この情報はパンフレットやサイトには記述がないのですが、コーディネーターさんに聞いたので間違いないです。

まぁこの情報だけ聞くとゼクシィがダメなように感じますが、IBJの成婚率が高すぎるだけで一般的な結婚相談所で3割は良い方なんですよ。

サポートの違い

前項では仲人型とマッチング型の違いについて説明しましたが、当然婚活に対するサポートが違います。

IBJパートナーズはカウンセラーとアドバイザーの2名体制なのに対し、ゼクシィ縁結びエージェントのサポートは1名です。

また、大手結婚相談所ではアドバイザー1人に対し100~300人くらいの会員を担当するそうですが、IBJパートナーズの場合はMAX60名までなのでより細やかなサービスができるそうです。

さらに、面談数がIBJは年6回、ゼクシィは年4回ですので、やはりIBJのサポートは充実していますね。

とはいえ、恋愛経験が豊富な方にとっては不要なサービスもありますし、サポートが充実している分高額なので必ずしもIBJが優れているわけではありません。

店舗数の違い

IBJメンバーズは大都市に14店舗と完全に都会型の結婚相談所です。

対して、ゼクシィ縁結びエージェントは25店舗と、こちらも決して全国に展開しているとはいいがたいですが、北海道、静岡、広島などにも出店しているのでIBJよりは利便性が良いですね。

IBJメンバーズとゼクシィ縁結びエージェントどちらがおすすめ?

前項までの説明で、IBJメンバーズとゼクシィ縁結びの違いがお分かりいただけたと思いますが、ずばり、どちらがおすすめなんでしょうか?

■ハイスペック重視ならIBJ、コスト重視ならゼクシィ

やはり、ハイクラスの男女が出会うならIBJメンバーズがおすすめ。逆に、ゼクシィ縁結びエージェントは、平均的なスペックの男女の相性が良いですね。

また、月々のお見合いお申込人数はIBJとゼクシィともに20人なので、コスト重視なら断然ゼクシィ縁結びエージェントがおすすめです。

■サポート重視ならIBJ、男女比を重視するならゼクシィ

IBJのサポートは2名体制のうえ、アドバイザーが担当する会員も少ないのできめ細かい対応をしてくれます。

対して、ゼクシィ縁結びは男女比が均一なので、男性優位と言われている近年のお見合い市場でも平等に婚活ができます。

まとめ

そもそも、同じ結婚相談所でありながら、業界最王手のIBJと有名なゼクシィでなんでこんなに金額が違うのか疑問に思ったので記事にしてみました。

もちろん、サービスで言ったらIBJメンバーズが一番ですが、ゼクシィ縁結びエージェントは1/3の金額で活動できますのでどちらがおすすめというのは難しい質問ではあります。

当記事を参考にしつつ、やはり一度無料相談に行かれることをおすすめします。

私は両社の無料相談を経験しましたが、強引な勧誘やしつこい電話もないので安心ですよ。

【関連記事】

【婚活取材】ゼクシィ縁結びエージェントの無料カウンセリングを受けてきた!

結婚相談所はブス・ブサメンばっかり?ゼクシィ縁結びエージェントを利用した感想

【体験取材】IBJメンバーズの無料相談で特徴や他社との違いを聞いてみた

■ライタープロフィール(ボンド)

36歳の兼業ライター。今回、友人であり管理人のサウザーからの依頼で体験記事を執筆することになりました。

満足度

ABOUTこの記事をかいた人

サウザー

オンライン専門で活動する、婚活アドバイザー。自身の心理学の知識や婚活経験をもとに、主に結婚で悩む女性向けに情報を発信しています。 大手保険会社の会員向け冊子、不動産会社のブログで執筆経験あり。(プロフィール欄参照) 相談に関しては、お問い合わせフォームより承っております。(無料)どんな小さな悩みでも構いませんので、お気軽に相談ください。