彼のHがタンパクで乱暴なのはなぜ?男性用AVと女性用AVに見る男女のSEX感の違いとは

東京 結婚相談所なら

こんにちは。オンライン専門で結婚アドバイザーをやっている、婚活スペシャリストのサウザーです。

業界に気兼ねなく本音を言いたいので、ブログでは匿名で情報発信してます。

結婚するにあたって、からだの相性ってとても大事ですよね。

でも、「婚約者のSEXがいつもタンパク(あっさりしている)」「彼がいつも乱暴で困ってる…」なんて女性も多いのではないでしょうか。

今回、男性用AVと女性用AVを比較することで、男女のSEXの考え方の違いが浮き彫りになったので記事にしてみました。

この記事をご覧いただければ、男性がなぜタンパクなのか?なぜ乱暴なのか?お分かりいただけるはずです。

女性用AVとは

ここ数年、女性用AVの普及が目覚しいですが、一番の理由がインターネットでの視聴が可能になったことです。

もともと潜在的な需要はあったのですが、女性がレンタルビデオ店に行くのは敷居が高すぎました。しかし、インターネット配信で、性別問わず誰でも気軽にAVを鑑賞できるようになりましたね。

そんな需要の高まりとともに、更なる要望に応えるため女性用AVが誕生しました。そうです、女性が理想とするSEXがそこにあったのです。

男性はAVでSEXを学ぶ

日本の性教育は、欧米の先進国と比べてかなり遅れています。実際、オランダでは小学生でコンドームの装着に関する授業があるくらいです。

それに対して、日本では正しいSEXの方法なんて誰も教えてくれません。まさか、親に聞くわけにもいかないですからね…(笑)

そうです、男性はAVでSEXを学ぶしかないんです。そうなると、男性用AVのやり方がそのまま彼女や奥さんにも反映されます。

SEXに対して、男性は興奮を女性は愛情を求めています。※これ、超重要です。覚えておいてください。

当然ですが、男性用AVは男が効率よく興奮するように撮影・編集されています。女性がして欲しい愛撫だったり、事後のイチャつきがすっぽり抜け落ちてるんです。

これからご紹介する、男性用AVと女性用AVの違いをご覧いただければ、彼や夫がなぜタンパクなのか?なぜ乱暴なのか?お分かりいただけると思います。

男性用AVにはストーリーがない

男性用AVにはストーリーがありません。ベットが置いてあるだけの殺風景な部屋でいきなりSEXです。

対して、女性用AVには必ずストーリーがありますよね。それに、部屋もおしゃれだったりします。それだけ女性がストーリーやシチュエーションを大事にしている証拠です。

確かに、心理学的には女性の方がドラマのストーリーに入り込みやすいという特徴がありますが、問題はそれだけではありません。

「彼の家に行ったら、会うなりSEXを強要されて興ざめした…」

「たまに会っても、ラブホテルだけでデートが終わる…」

こんな悩みを抱えている女性も多いのではないでしょうか。

「彼とおしゃれなレストランで食事。シティホテルにチェックインして、夜景を見ながらワインを飲んで、自然な流れでSEX。」

女性側としては、こんなシチュエーションが理想ですよね。

しかし、前項でもお話しましたが、男性はSEXに興奮しか求めていないのです。SEXに至るまでの過程とか場所なんて気にしませんし、教科書にしているAVにもそんな描写はありません。

ですので、部屋が汚かろうが、会ってすぐだろうが、平気でSEXできてしまうんですね。

男性用AVは男優がほとんど映らない

女性用AVは一徹さんなどイケメン男優がかなりフューチャーされています。(当然、女優さんも綺麗ですけど)

いっぽう、男性用AVでは男優さんが極力映らないように意図的に撮影・編集されているんですね。

そうです、男性はどうラブラブなSEXをするかなんて重要ではないんですよ。

女優さんの裸や乱れている姿を見る…要は自分が興奮できればOKなんです。実際、男性用AVは女優さんの局部アップが異様に多いですし…

むしろ、男優さんが映ると興ざめしてしまうんです。

「キスや愛撫もなく、いきなり全裸にされる…」

そんな彼や夫なら、こういったAVが影響しているのかもしれません。

男性用AVは前戯の尺が短い

女性用AVは、服を脱ぐまでのイチャイチャやキスシーンにとても時間をかけています。対して、男性用AVは前戯が短く流れ作業のようにタンパクです。

これは、男女の興奮にいたる時間の違いによるものなんです。

男性はすぐ興奮に至りますが、女性はある程度時間が必要です。

「私は十分な前戯で受け入れるまでの準備したいのに、彼はすぐに挿入したがるんです…」

男性のSEXが性急でタンパクなのは、こういった感じ方の違いに原因があるんですね。

コンドーム装着シーンがある

流れ的にこの順番になりましたが、今回一番言いたかったのはこれです!

男性用AVにはコンドーム装着シーンがありません、男優さんがフェードアウトするか意図的にカットされています。

対して、女性用AVには自然な流れでコンドームをつけるシーンがありますよね。

わかりますか、男性がいかに避妊を軽視しているか!

ですので、コンドームつけなくても、中に出さなければ妊娠しないと思っている男性が非常に多いんです!

男性用AVには「中出しもの」というジャンルがあるくらい。あんなのはほとんどヤラセで、実際に中に出しているわけではないのですが、「簡単には妊娠しないんだ」なんて信じている男性も多いです。

いいですか、彼のことが好きだろうが何だろうが、妊娠して困る状況だったら必ず避妊してください。

「妊娠したら、彼も結婚に本気になるかも!?」

いやいや、本気にならなかったらどうするんですか?傷つくのはあなただけですよ。※本当は、ちゃんと婚約してからSEXするのがベストですけど…

実際、中絶費用さえトンズラする男もいるんです。そんな女性からの相談を何度となく受けてます。

「彼にコンドームを強制したら嫌われるかも…」

大切に思う女性とのSEXだったら、女性から促さなくても必ずコンドーム付けてくれるはず。

避妊を拒否するような奴は、男性の私から見ても最悪です、今すぐ別れましょう。

男性用AVは乱暴

女性用AVは正常位・バックなどごく自然な体位ですが、男性用AVは無理な姿勢でのSEXシーンが多いです。

何度となく言ってますが、男性用AVはいかに局部を見せて視聴者を興奮させるかですからね。明らかに体位が不自然なんですよ(笑)

それに、男性用AVには「潮吹き」なんて行為もあります。女性の局部を乱暴に扱ってどう考えても痛そうですが、AVの影響で相手が気持ちいいと思っている男性もいます。

「彼が無理な体位を求める…」

「私の局部を乱暴に扱う…」

彼のそういった行為は、明らかに男性用AVの見すぎが原因です。

男性用AVはSEX後がタンパク

男性用AVはSEXが終わると男優さんがフェードアウトし女優さんだけが残されます。対して、女性用AVの場合、行為の後に抱き合ったりキスしたりといった描写があるんです。

女性は興奮に至るのもそうですが、冷めるにも時間がかかります。ですので、本当はSEX後も男性が抱き合ったりキスしたりして徐々に興奮を収める必要があるんですが…

男性は射精後に興奮が一気に冷めるうえAV自体がこういったタンパクな演出なので、男優さんも事後はさっさといなくなります。

「彼がSEX後にすぐ寝てしまう…」

それは、一概に彼だけが悪いのではなく、男性用AVの影響や女性の感じ方を知らないだけだと思います。

どうすれば改善されるの?

前述のとおり、教科書となるAV自体が興奮することだけを追い求めた作りになっているので、タンパクだったり乱暴なSEXになってしまうんですね。

では、どうすれば改善されるのでしょうか?

できるだけ、あなたから相手の男性にして欲しいことを伝えましょう。

「私、局部が濡れにくいから、できればゆっくりしてもらったほうが気持ちいいな。」

「終わったあとも、しばらくキスしたり抱き合っていたいな。そのほうが幸せな気持ちになれるんだ。」

あなたに対してタンパクだったり乱暴なのは、けっして男性に悪気があるわけではなく、女性がどうすれば喜ぶか知らないだけなんです。

あなたから気持ちよくなる方法を伝えてあげると、きっと彼も期待に答えようと頑張ってくれますよ!

まとめ

日本って、ほんと性教育が遅れているんですよね。

そもそも、成人しか見れないAVにモザイクが入っていること自体がおかしいと思うのですが…まぁそんな話は置いといてw

男性のSEXがタンパクで乱暴なのは、興奮度の違いとAVの影響なんですね。

ですので、本気で彼との結婚を考えているなら「SEXが合わない」なんて悩まず、思い切って自分がして欲しいことをアピールしてみましょう。

彼とのSEXが劇的に改善するかもしれませんよ。

満足度




結婚相談所の口コミや評判って信用できますか?
結局、個人の感情が入っていると、正しい評価はできませんよね。
というわけで、婚活スペシャリストの私が会員の年収・学歴・年齢層など客観的数値のみで、おすすめの結婚相談所をランキングしてみました。
結婚相談所選びでお悩みの方は、ぜひご一読ください!




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

サウザー

オンライン専門で活動する、婚活アドバイザー。自身の心理学の知識や婚活経験をもとに、主に結婚で悩む女性向けに情報を発信しています。 大手保険会社の会員向け冊子、不動産会社のブログで執筆経験あり。(プロフィール欄参照) 相談に関しては、お問い合わせフォームより承っております。(無料)どんな小さな悩みでも構いませんので、お気軽に相談ください。