バージンはデメリットじゃない?男性との交際歴が無い24歳の女性とお付き合いした話

東京 結婚相談所なら

こんにちは。オンライン専門で結婚アドバイザーをやっている、婚活スペシャリストのサウザーです。

業界に気兼ねなく本音を言いたいので、ブログでは匿名で情報発信してます。

20歳を超えてバージンなんて恥ずかしいと思っている女性も多いのではないでしょうか。

「カミングアウトしたらフラれるかも…?」

「彼は引いちゃうかな…?」

いえいえ、まったくそんなことはありません。むしろバージンであることに自信と誇りを持ってください!

今回は、男性側から見たバージンに対する気持ちを、私の体験談と共にお話したいと思います。

バージンの女性なら余計に大切にしたいと思う

バージンが恥ずかしいとか早く捨てたいなんて女性が多いそうですが、なんでですかね…男性側とすれば、お付き合いした女性がバージンだったら余計に幸せにしたいという気持ちが強くなりますよ!

だって、ずっと守り続けてきたものを僕にだったらあげてもいいということじゃないですか。これほど男性として誇らしいことはありません。

男性がバージンと聞いて、

「面倒くさそう」

「俺に執着しそう」

「二十歳過ぎてバージンってやばくない」

なんて考えると思いますか?

もちろん、そう思う人が0だとは言いません。

しかし、そんな人間は大半がからだ目当ての遊び、最初から真剣に交際する気なんてないのです。

むしろ、あなたとの将来を真剣に考えている男性なら、絶対に喜んでくれるはず。

色気でアピールは逆効果!?真剣にお付き合いするなら安易にからだを許してはいけません

24歳バージンの女性とお付き合いした話

このブログでは恋愛論を勝手気ままに書いてますが、たまには私自身の婚活経験もお話したいと思います。

その女性(Nさん)とは、30代前半の時友人と行った婚活パーティーで出会いました。レストランで行われたパーティーは、2対2で30分ごとにシャッフルみたいな形式だったと思います。

第一印象は目が切れ長で可愛かったですが、とてもおとなしい子でしたね。(元乃木坂46の生駒さんを細くしたような感じ)

30分では大した話もできなかったのですが、東野圭吾が好きという共通点で意気投合して連絡先を交換しました。

婚活パーティー終了後、個別の飲み会にお誘いして、再度私の友人と彼女の友人も含め4人で飲みなおすことになりました。

聞くところによると、Nさんは24歳である企業の事務職。就職を機に北関東から上京して一人暮らしとのこと。好きな作家や映画の話で盛り上がり、私は彼女に興味を持ち始めたのです。

ときどき話し方がそわそわするので男性に慣れてない感じはしましたが、その時点で男性との交際履歴がないことは知りませんでした。

初デートは動物園

婚活パーティーのあとNさんに興味を持った私は、数日後、食事にお誘いしました。Nさんも快くOKしてくれて、なんだか久しぶりの恋愛気分にハイになったものです(笑)

金曜日、仕事の後にレストランで食事をして、そこで趣味や家族などいろいろな話をしました。そして、とうとう念願の初デートの約束を取り付けることに成功したのです。

今思うと、Nさんにとってはそれが男性との初デートでした。

初デートの場所は動物園でした。なぜそこを選んだのかも今となってはよく覚えていません(笑)

Nさんは年下でしたが、フィーリングや価値観が合うので、もうこの頃には完全に好きになっていました。

初キスで震えていた彼女

Nさんも私に好印象を抱いていたのか、その後の交際も順調に進みました。映画や博物館、大きな公園でNさんが作ったお弁当を食べたりもしました。

そして、出会って2ヶ月後、私から告白して正式にお付き合いすることになったのです。告白した時も、Nさんは「本当に私でいいの?」なんて自分に自信がなさげだったのが印象的でしたね。

そして、車でドライブへ出かけたとき、ついにその瞬間は訪れました。

夜の闇の中、ヘッドライトを消した私は、彼女を抱き寄せキスしようとしたのです。しかし、彼女の体が少し震えていたので「どうしたの?」と声をかけました。

「私、キスするの初めてなの…」

その時、私ははじめてNさんがバージンであることを知ったのです。

本気で彼女を幸せにしたいと思った

男性ってどこまで鈍感なんでしょう。キスしようとした瞬間まで、相手に経験がないことを気づかないのですから(笑)

Nさんは見た目もかわいいし、24歳なら当然人並みの恋愛経験はあるものだと思い込んでいたのです。

でも、びっくりしたのと同時に、嬉しさと彼女を幸せにしたいという気持ちが強くなりました。

だって、確かに今まできっかけがなかっただけかもしれないけど、女性にとって大切なことを初めて私に許してくれるということですからね。

だから、私は声を大にして言いたい。20歳過ぎてバージンだから男性に引かれると思ったら大間違い。

もちろん、バージンじゃないから大切にしないってことではないけど、「初めてなら良い思い出をいっぱい作ってあげたい!」というのが本当の男心なんですよ。

リードするのは大変

しかし、良いことばかり言っても説得力がありませんね。私なりに、交際歴のない女性とお付き合いして大変だったこともお話しておきます。

まずNさんは、男性にリードされることに慣れてなかったので、腰や肩に触れられたり街中で手をつなぐことに対しても抵抗があったみたいです。

これ、男性側からすると「嫌がられているのかな?」なんてかんぐってしまうので、気を使っているのはわかるのですが女性は注意したほうがいいですね。

男性側からすると、腰や肩に手を回すというのはお付き合いしていればごく自然なボディタッチだと思っているので、最初はびっくりするかもしれませんが自然に受け入れてあげてください。

ボディタッチを受け入れるのは正式にお付き合いしてからです。交際前からそういうことする男性にろくな人間はいないので注意しましょう。

また、Nさんは恋愛に対してネガティブ発言が多かったです。

「私かわいくないし…」

「私サウザーさんと不釣り合いじゃない…?」

ぜんぜんそんなこと思ってないのに…逆にこういう発言を繰り返されると男性的には嫌われているとかんぐってしまいます。

たまたま、今まで良いご縁がなかっただけなんです。もっと自分に自信を持って欲しいと感じました。

その後のNさんとの関係

Nさんとは、その後もちょっと高級なシティホテルに泊まったり旅行に行ったり、だんだん彼女からも積極的にキスしてくれるようになりましたよ(笑)

しかし、順調に愛を育んているつもりでしたが、別れは半年後に突然訪れました。

「サウザーさんにはもっと良い人が現れると思う…だからもうお別れしましょう」

正直、大きなケンカもしたことがなく、本当に突然だったのでショックでした。長いこと交際について話しましたが、彼女の意思は変わることなくそのまま別れることになりました。

以前付き合っていた彼女にも同じことを言われたことがあるのですが、自分自身はリードしているつもりでも、それがNさんには負担だったようです。

しかし、結婚した今でもNさんとのデートはいい思い出ですし、Nさんも私が初めての人で良かったと思ってくれたら嬉しいですね。

まとめ

普通に「バージンでも男性は気にしません」って文章を書いても説得力がないので、今回は自分の経験をもとに執筆してみました。

たとえ20代後半でも30代でも、「バージンだから…」なんて気にすることはないのです。逆に、自分に自信がモテないと魅力的な女性に見えません。

たまたま、いい男性とご縁がなかっただけ。自分のことを本当に好きになってくれた男性だったら、きっと一生懸命愛してくれるはずですよ。

ぜひ、運命の人が現れるまで、婚活パーティーなどの出会いの場に積極的に参加してみてくださいね。

満足度




結婚相談所の口コミや評判って信用できますか?
結局、個人の感情が入っていると、正しい評価はできませんよね。
というわけで、婚活スペシャリストの私が会員の年収・学歴・年齢層など客観的数値のみで、おすすめの結婚相談所をランキングしてみました。
結婚相談所選びでお悩みの方は、ぜひご一読ください!




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

サウザー

オンライン専門で活動する、婚活アドバイザー。自身の心理学の知識や婚活経験をもとに、主に結婚で悩む女性向けに情報を発信しています。 大手保険会社の会員向け冊子、不動産会社のブログで執筆経験あり。(プロフィール欄参照) 相談に関しては、お問い合わせフォームより承っております。(無料)どんな小さな悩みでも構いませんので、お気軽に相談ください。